アヤブロ

外向性と内向性

投稿日:

ayako4

♣あやこの格言♣

性格に優劣はない

人には外向性と内向性があります。

スイスの精神分析学者のユングが定義した性格のタイプのことで、簡単に言うと、

外向性とは

外のものに関心を示し、自分を外に向かって表現し、他人が自分のように行動することを望むような性格

内向性とは

引っ込み思案で内のものに関心を持ち、主観的で、他人との関係を避けたがるというような性格

なんですけど、たいていの人は、内向性と外向性が入り組んでいるので、どっちの傾向が比較的強いかということによって、内向的な人か外向的な人かに判断されています。

何だか外向的というとプラス、内向的というとマイナスっていうイメージありません(・・?

違うんです。まったくの誤解です。

外向的な人は誰かと一緒にいることを好んだり、すぐ友達を作ったり、アクティブに行動している人。

そんな外向的な人をうらやましいとか、楽しい人だなぁと捉える人もいれば、逆に、八方美人だ、目立ちたがり屋だと捉える人もいるんです。

内向的な人は1人で考えたり行動しがち、集団の外側にいたがり、それでいて内側のことを見ている人。

そんな内向的な人をとっつきにくいとか、自分勝手だと捉える人もいれば、逆に自分の意志を持っている、冷静に判断ができる人だと捉える人もいるんです。

つまり、ただその固有の性格が、良いイメージ・作用を生むか悪いイメージ・作用を生むか、といった現象面に表れるだけであって、

 性格に良い悪いはないのです

自分や他の人を一方面からのみ見て判断していませんか?

いろいろな方向から見てみたら、もっと自分や他の人のことを知ることができますよ(^O^)v

 
 
 

-アヤブロ

 

Copyright© あやこの心理教室 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.