人の行動と心理

ヘアスタイル

投稿日:

髪は、その人の印象を決める要素の1つですし、重要なアイデンティティでもあります

だからヘアスタイルにはその人の好みや性格、心理傾向、「こんなふうに見せたい」という

自己アピール、「こう見られたい」という願望が秘められているのです

ショートカット

顔を全面的に見せているので、容姿も含めて自分自身を肯定的にとらえている人。

なので、明るく活発で、オープンな性格といえるでしょう。

ずっとショートカットな人は、「ずっと活動的でありたい」という願いを持っています。

ロングヘアー

ショートカットに比べて顔が隠れていますが、決して容姿などに自信がないわけではなく、

本当の自分を控えて、望んでいるイメージ通りに自分を演出しています。

髪を長くするには時間がかかりますし、手入れも大変ですけど、それだけの時間や手間を

欠けるだけの精神的余裕がその人にはあるということです。

ロングヘアーからショートカットにする

それまでの自分の気持ち、考え方、生き方などを大きく変えることを意味しています。

きっかけはいろいろでしょうが、1つの大きな区切り、一大決心、新たなスタートをして、

前向きに、かつ積極的に進もうとしている証拠です。

ヘアスタイルをよく変える

確かな自己イメージを持てていない、安定したいけど落ち着けない、どうしたいのか

分からないなど、自分に不満を持っている表れです。

確固とした自分を探しているのです。

心理的にも不安定で、時にはイラついたり、時には落ちこんだりすることもあります。

意図してヘアスタイルを変える人は、自分自身に目を向けているというよりも、他人の目を

気にしているタイプです。

他人の反応を気にしたり、人の注目を浴びていたいという願望を持っているのです。

ヘアスタイルで自分自身を表している・・・

人って演出家ですねぇ~(笑)

 

 

 
 
 

-人の行動と心理

 

Copyright© あやこの心理教室 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.