人の行動と心理

足の組み方

投稿日:

足の動きは本音が出やすいといわれています

なぜなら足やつま先は、他人の目から目立たない場所なので、とても無防備になっているのです

表情や言葉でわからない本音が感情のままに動いている足に、注目してみてください!!

《足を広げて座る》

相手を受け入れ、心を許している状態で、リラックスしています。

しかし、大きく広げている人は、自分の強さやゾーンをアピールして拡大しようとしています。

支配欲や所有欲が強く、周りを威嚇しています。

《足を固く閉じて座る》

相手に対して心を閉ざしているか、無関心である状態です。

不安だったり緊張していたり、相手を受け入れたくない、拘束されたくない・・と思っている

人に多く見受けられます。

《足を組んで座る》

①右足を上にして組む

積極的にアプローチしない受け身な人。

相手側にリードしてもらい、相手のペースに合わせることで、会話をスムーズに

進ませています。

②左足を上にして組む

かなり積極的な人で、アプローチ力がある。

自分本位な傾向が強いのですが、誘われ上手でもあります。

《両足をそろえ、左右いずれかへ曲げて座る》

女性によく見られる座り方で、プライドが高く、プライドを傷つけられるのが嫌い。

逆に、外見やセンスなどを褒められると好意的な態度になるタイプです。

《頻繁に足を組み変える》

欲求不満が強く、気持ちが不安定な時や、孤独を感じている時などに表れる動きです。

否定的な感情の表れですね。

足を組み変える回数が増えると、相手に何らかのストレスやダメージを与えてしまう可能性も

出てくるという、本人にとっても相手にとってもよろしくない動きです。

こちらの記事も合わせてどうぞ!

↓↓↓

靴磨きの心理

靴の心理

靴の夢

 
 
 

-人の行動と心理

 

Copyright© あやこの心理教室 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.