人の行動と心理

目の動き

投稿日:

人にはお互いの目を見ることによって、相手の気持ちや言いたいことを察したり、

信頼関係を確認するというコミュニケーション方法があります。

だからこそ、会話をしている時、相手の目の動きで、相手の心を読みとることが

できるのです。

《上を向く》

以前に見たことのあること、聞いたことのあること、体験したことを思い出したり、

考えたりしています。

または、今まで見たことや経験したことがない物事を想像したりしています。

《右か左に視線をそらす》

あまり好意を抱いていない気持ちが表れています。

相手に興味が無い、拒否している、早く会話を終わらせたいなどと思っています。

《視線を下にそらす》

気弱で、自分の本心を見抜かれることや、相手に評価・判断されることを嫌がっています。

言い訳をしている時などによく表れる目の動きです。

自分に自信がない、相手が怖いと思っていることもあります。

《左右にキョロキョロさせる、しきりにまばたきする》

緊張・不安・警戒心を抱いていて、落ち着かない状態です。

いろいろなことに考えを巡らせ、出来る限りの視覚情報を取り入れて、落ち着こうと

しています。

これもまた言い訳をしている時によく表れる目の動きです。

緊張の度合いによって、その回数は比例します。

このような目の動きの意味を知ると、相手の心情が察しやすくなります。

ということは、自分の心情も目の動きによって相手に伝わっているということなのです。

目は口ほどにモノを言う

その通りです(笑)

 
 
 

-人の行動と心理

 

Copyright© あやこの心理教室 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.