人の行動と心理

口ぐせからわかる性格

投稿日:

誰かと会話をしていて、相手の口ぐせが気になったりしたことはありません?

口ぐせとは無意識にクセのようにいつも出る言葉なので、そこには人の深層心理や

性格が表れているんです。

「だから」

自己主張・自己掲示欲が強い人。

自分が正しいという意識が強く、自分の正しさを強引にアピールするため、人の言っていることに

耳を傾けない傾向があります。

またこのタイプの人は、否定されると感情的になりがちで、自分の感情をコントロールするのが

不得意です。

「~っていうか」

「言い換えると◯◯ですよね」といった、持論を主張したいという欲求が強い人。

やわらかく言って、人を傷つけないように気を使っている、自分を不明瞭にしか出せないタイプ。

「しかし」「でも」

否定の言葉であるこれが口ぐせなら、相手が話している内容を否定しているのではなく、

相手が話すこと自体を否定している。つまり、「あなたじゃなくてワタシがしゃべりたい」

「ワタシに注目して」という自己中心的な人です。

「つまり」「要するに(要は)」

どんな話でもすぐさま分析できる能力を持っていて、自分は優秀だと自覚している

自信家な人です。

仕切りたがり屋で、話が長くなると相手や自分にもどかしさを感じだし、簡潔にまとめて

話を早く終わらせようとする傾向があります。

人とコミュニケーションを取るのが下手なタイプ。

「やっぱり」

あまり物事を深く考えたり、自分を主張しないタイプ。

「一応」とか「取り敢えず」のところで、物事をおさめることが多いようです。

ある意味、人当たりは良く協調性があると言えますが、新しいことやアイデアを生み出す

能力は低いです。

「〜とか」「〜みたいな」

曖昧な言い方で自分をぼかして、人を傷つけないようにしています。

何事にも”ほどほど”で、大ざっぱで、突き詰めないタイプです。

「〜しなければ」

けじめや責任を大切にする、完璧主義でマジメな性格。

この言葉は、時に自らを追い詰めてしまうことにもなります。

自分にも他人にも厳しい人なので、周りの人ははちょっと引いてしまうかも・・・

「別に」

言いたいことがあるけど、言っても分かってもらえないから言わない、という意味が

込められています。

その裏には、言いたくても言えないという、欲求不満が隠れているんです。

追求されればされるほど、本音を出さないタイプ。

「なるほど」

人の話を聞いているようで、聞いていない人。

理解しているようにみせかけて、話を聞き流すタイプ。

そのため大ざっぱで、早とちりや勘違いをしがちで、同じ失敗をしやすいのですが、

裏がある人ではないので、周りからは好意的にみられています。

他人の口ぐせは気がつくけど、自分の口ぐせは自分ではわからないでしょ?

周りの人に自分に口ぐせがあるか聞いてみてください。

自分の性格がわかりますよ(笑)

 
 
 

-人の行動と心理

 

Copyright© あやこの心理教室 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.